料理を美味しく魅せるコツ

いつでも手軽にSNS投稿できるようになった便利な時代。
料理写真を投稿する際にちょっとしたコツでプロ並みの食レポができるようになります。
今回はせっかくとった写真をボツ写真にしないためにも誰でも簡単に食レポができる写真テクニックとコツをまとめてみました。
まずは、ライティングについてです。
フラッシュ機能を使うと光のあたりが不自然になり美味しそうにみえないので、食べ物にフラッシュを当てるのはNGです。
そして人物を撮る上では嫌われがちな逆光ですが、食べ物を撮るのにはチャンスです。
上側から光があたるような角度で撮影するときれいに撮れます。
次に、カメラやアプリ機能を使って色味を調節することです。
蛍光灯の下で撮った写真は、青白く全く美味しそうに見えないため色味補正を使って鮮やかにします。
やりすぎは禁物ですがコントラスト調節で美味しく魅せることができます。
また、普段から料理写真をたくさん見て仕上がりのイメージを頭に描いておくこともコツのひとつです。
特に構図は基本中の基本のため、ただ被写体を真ん中に置いて撮るのはNGです。
料理の特徴的な部分はアップ写真で撮ります。
余計なものは映り込ませず、ここぞという部分だけ切り取ることで、より一層お料理を引き立たせて美味しく魅せることが可能です。
そして最後に忘れてはいけない食レポの大事なことは、お料理を作ってくれた人への敬意を忘れずに最後まで美味しくいただきます。

Copyright© 食レポ コツ All Rights Reserved.

料理を美味しく魅せるコツ